Works 活用事例・よくあるご質問

活用事例

DMについて

A社様
以前はチラシの印刷を頼んでいた印刷会社さんに、そのままDMの発送まで依頼していましたが、実際にDMの封入作業や宛名の印字を行っていたのはその印刷会社さんの下請け会社さんのさらに下請けの会社だと分かってびっくりしました。印刷会社さんはプライバシーマークを取得していたのですが、その下請け会社さんもさらにその下請け会社さんもプライバシーマークを取得しておらず、個人情報の取り扱いが心配になり、直接業務を発注できる所を探していました。
オールハンズさんは一社完結で作業をされているのでとても安心して業務を依頼できます。
B社様
今までお付き合いしていた発送代行業者さんと比べて、特別に安いということはないのですが、何より急なお願いや変更があっても柔軟に対応してくれるので非常に助かっています。
DMに使用する透明封筒も1枚単位で販売してくれるので、無駄がなく非常に良いと思います。
C社様
初めてDMを出してみようと思い、インターネットで探して見つけました。
チラシの作成からワンストップでお願いできるし、分からないことなど丁寧に教えていただけたので、初めてのDMでも安心してお願いできました。
次回もまたお願いしようと思います。
D社様
試しにお願いしてみることになりました。
とにかく驚いたのが「宛先不明」や「転居先不明」などで戻ってくるメール便の速さでした。
今回に限り、なぜこんなに早く戻って来たのか問い合わせてみたところ、差し出した「ゆうメール」に表記されている「還付先」の問題だろうとのことでした。
今までの業者さんは「還付先」がその業者さんの名前と住所になっており、戻ってくるメール便はその業者さんに一旦戻り、その後弊社に持って来られていました。
これまでは、DMを差出してから2~3週間後に弊社に戻って来ていましたが、その時点では既にDMで案内していたキャンペーン期間が終わっていました。
オールハンズさんの場合は「還付先」を弊社の名前と住所にしてくれて、ダイレクトに戻ってくるようにしていただいたので、早いものでは差し出して3~4日後に戻って来たのでそのお客様に連絡を取り、転居先などを伺って再度発送しなおす等のフォローができたので大変助かりました。
直接戻って来るようにできるなんて知りませんでした!

物流サービスについて

E社様
ポスターやのぼり等、複数の販促品をすべてオールハンズさんに納品するように各メーカー様にお願いして、後は送付先や数量を入れたデータをオールハンズさんに送付すれば業務が終わるので非常に楽になりました。
その都度、その時の内容に合わせて最適な方法を提案していただけるので以前より大幅にコストダウンができ、手間も省けてありがたいです。
F社様
キャンペーンの当選賞品の発送業務をお願いしていますが、小さな規模のキャンペーンで送付先が20件程度のキャンペーンでも、大きめのキャンペーンで送付先が2,000件程度のときでも全く同じように対応してくださるので、とても感謝しております。
G社様
通販で販売している商品の箱や、その他資材もいろいろと提案していただきました。
それぞれの業者さんも直接紹介していただけたので無駄なコストがかからず、助かります。

流通加工について

H社様
今までお願いしていた所は、倉庫が狭かったため、大口案件は数回に分けて商品を入れて、その商品の出荷が終わってから次の分を入れていたので、余分な運送費が発生していました。
その点、オールハンズさんは倉庫も広いので、大口の案件でも一括納品が可能なので安心してお願いできます。
I社様
いくつかの業者さんに相談しても断られてしまった加工業務を相談したところ、いろいろと検討して対応していただきました。
J社様
年配のお客様が多く、ほとんどの注文がFAXで来る為、それを毎日パソコンに入力して送り状を作って発送していました。発送業務を委託したかったのですが、どの業者様も送付先はエクセルかCSVのデータで送付してほしいと言われて、業務委託をしても日々の入力作業は委託出来ないのかと困っていましたが、オールハンズさんは「注文のFAXをそのまま転送してくれたら対応します」との事で非常に助かりました。

海外発送について

K社様
自社で海外発送作業をしていた頃は「国際eパケット」の集荷を郵便局がしていないため、毎日郵便局まで社員が持ち込んでいました。
近くの郵便局では「数が多いと対応できない」とか、「数が多い時は前日までに連絡をするように」等、色々と言われ郵便局の都合に合わせて仕事をしないといけませんでしたが、オールハンズさんに委託してからは郵便局への持ち込みや対応もしてもらえるので非常に助かります。
L社様
オールハンズさんに委託する前に海外発送を委託していた業者さんは、海外へ発送した商品が破損していた時などのトラブルは殆ど対応してもらえず、直接郵便局とやり取りをしないといけませんでしたが、オールハンズさんはトラブル時も解決までしっかりサポートしてくれるので安心です。
M社様
海外発送する際の品名の書き方等、色々教えて頂き助かりました。

よくあるご質問

DMについて

QUESTION
何通からお願いできますか?
ANSWER
100通から対応しています。
QUESTION
すべて社内で作業しますか?
ANSWER
業務の内容によっては弊社に登録している内職スタッフさんに自宅で作業をしていただく場合もありますが、個人情報が関係する案件に関しては基本的に社内での作業になります。
QUESTION
封筒やハガキに宛名を直接印字してもらう事はできますか?
ANSWER
可能です。
ハガキから角2封筒まで対応しています。クロネコDM便で差し出す場合、クロネコDM便のバーコードも直接印字できるので、余分なコストと時間が削減できます。
QUESTION
お願いする際にこちらで準備する物はありますか?
ANSWER
DMの印刷から発注いただく場合はそのDMの印刷データ、送付先のリストがあれば大丈夫です。DMの資材をお客様が準備される場合は送付先のリストのみで大丈夫です。
QUESTION
発送日の指定はできますか?
ANSWER
弊社営業日であれば可能です。
QUESTION
封入作業等が終わったDMを持ち込んで、発送だけお願いすることはできますか?
ANSWER
可能です。
QUESTION
会社の決まりで個人情報を社外に出せないので、封入・封緘作業だけしていただいて弊社に戻してもらうことはできますか?
ANSWER
可能です。封入のみ、バーコードシール貼りのみ等、部分的な作業でも対応いたします。
QUESTION
定期的に発送する場合、数回分の資材を預かってもらうことはできますか?
ANSWER
可能です。条件次第では保管料金も不要な場合がありますのでご相談ください。
QUESTION
透明封筒は準備していただけますか?
ANSWER
はい、弊社では使用した枚数分のみのご請求となりますので1枚も無駄が出ません。
QUESTION
届け先不明で戻って来たメール便は返してもらえますか?
ANSWER
はい、「ゆうメール」の場合は直接お客様に戻るようにいたしますので、届かなかった所がリアルタイムに分かります。
クロネコDM便の場合は一旦弊社に戻って来たものを弊社から返却する形になりますので、ゆうメールよりは返却までの時間がかかる場合があります。
QUESTION
代金の支払い方法はどうなりますか?
ANSWER
初回のお取引の場合は事前にお振込みいただき、ご入金確認後の発送となります。継続的にお取引いただける場合、2回目以降は売掛も可能です。

物流サービスについて

QUESTION
発送して貰いたい商品を代理で購入していただくことはできますか?
ANSWER
可能です。(※購入する商品の金額や数量によっては対応できない場合もありますので事前にご相談ください。)
QUESTION
キャンペーンで当選賞品の発送をお願いしたい場合、応募されたハガキのデータ入力からお願いすることはできますか?
ANSWER
可能です。
QUESTION
福袋の詰め合わせ作業はお願いできますか?
ANSWER
可能です。
QUESTION
商品券やQUOカード等の発送もお願いできますか?
ANSWER
簡易書留等で対応させていただきます。
QUESTION
商品にラッピングして発送して貰うことはできますか?
ANSWER
可能です。
QUESTION
熨斗掛けはできますか?
ANSWER
可能です。(熨斗のサイズによっては対応できない場合もあります)

流通加工について

QUESTION
どのような内容の作業を受注してもらえますか?
ANSWER
様々な内容の業務に対応できますが、基本的に「人の手で出来る事」は対応可能です。
QUESTION
商品に包装、熨斗掛け等をお願いし、そのままお客様のところへ送って頂く事はできますか?
ANSWER
もちろん可能です。包装紙の手配、熨斗の印刷から発送まで一括してご依頼いただけます。
QUESTION
少ない数でもお願いできますか?
ANSWER
10個程度からの少量でもご相談ください。
QUESTION
定期的にお願いする場合、加工に必要な資材はメーカーから直接送っても大丈夫ですか?また、数か月分程度まとめて資材を送って管理してもらう事も出来ますか?
ANSWER
可能です。資材の保管スペースもございますのでご相談下さい。

海外発送代行サービスについて

QUESTION
越境ECを考えていますが注意点はありますか?
ANSWER
国内からの発送時に「品名」で止められることが多いです。
例えば、「ビューラー」は和製英語なので「アイリッシュカーラー(Eyelash curler)」になります。基本的には配送先の国で認識される商品名で配送しましょう。馴染みのある名称が和製英語なのどうか確認してみましょう。

>>内容品記載一覧(PDF)
*オールハンズとして参考例を載せております
QUESTION
海外発送代行のエリアはどこまで対応可能ですか?
ANSWER
現在の比率としては「日本郵便」の定める「第1地帯、第2地帯」宛の発送が多いですが、「国際eパケット」や「EMS」で発送可能とされている国は全て対応可能です。
QUESTION
商品が海外で受け取りされず返送されるのはどんな時ですか?
ANSWER
今まで返送されてきた例は下記の様な例があります。

・商品の破損により受取拒否

・転居先不明

・保管期限切れ(これは日本でもよくある、不在連絡票を入れていたのに受取人が連絡をしないまま配達する郵便局での保管期限が切れて差出人に返送されるパターンです)

・返送の理由が不明(これは日本の郵便局に問合せても、海外の郵便業者から何の理由も添付されずに返送されてきたので理由が分からないとの事でした)